2017年09月23日

ザ・クロマニヨンズ!!!

朝起きたところからもういっぺんやり直したい。。


モンちゃんが歌う"I CAN TELL"からのいつもの下りくらいから「あぁ、もう直ぐ終わってしまうなぁ」と思いながら演奏していました。


『ザ・ニートビーツ20周年記念企画 "Two-Man Special"「RHYTHM AND BEAT SHOW」』


ザ・ハイロウズ企画の『that summer feeling』に呼んでもらったあの日から、ずっとまた一緒にやりたいと思っていました。


(その後、大ちゃんが一度脱退した時、ハイロウズのファンクラブ会報誌のメンバー対談にて「大ちゃんが脱退したらしいよ。あの歌声がなくなるのは残念」と言ってくれていたのは今も良い思い出)



それが、とうとう実現。

しかも、今回は我々ニートビーツの企画で。


いやぁ、コレは絶対に当日は緊張するんやろなぁと。


〜 9月19日(火) ライブ当日お昼過ぎ、会場に入る前にいつも行く近所のお蕎麦屋さんに向かう。


あ、定休日やん。。

まあ、そんなんはいつもの事


「まあ今日はお祝いやから!」と気を取り直し入った事のないお寿司屋さんに。


お店に入ったのは出発の1時間前くらい。

お寿司の盛り合わせとビールを注文。



店内は満席。


「すいませんお客さん。ちょっとお時間いただきます」と板前のお兄さんが言う。


「あ、全然大丈夫ですよ」と瓶ビールをコップに注ぎながら答え


カウンターに用意された長皿に盛られたガリをアテにビールを飲んで待つ。


一貫だけ来た。


待つ。



なかなか来ない。。


やっと次の一貫来た。


ガリがなくなり、ガリをさらにお代わり。

ビールもなくなる。


来ない。。。


全然盛り合わせちゃうや〜ん!

と、気がつけば出発10分前。


盛り合わせを頼んだのに、

結局5分置きくらいに一貫ずつ皿に置かれ、

全て食べ終えたのは出発5分前くらい。


全然食べた気がせえへんし、時間もない。。



と、そんな話はどうでも良いですね苦笑 〜



何とか入り時間にも間に合い、楽屋に荷物を置いて搬入して弦を替えてリハーサルへ。


いつもと同じライブ前。



と思ってたけど、リハーサル後楽屋に居ると



キ、キターーー!!

クロマニヨンズの面々が….!


ちょっと緊張してきました。


メンバーの皆さんを出迎える。

その後楽屋に挨拶へ。


土佐「今日はありがとうございます!宜しくお願いします!」

ヒロトさん「宜しくな〜」

マーシーさん「何、急にそんなに改まって」


そんな会話から始まった。


少しの談笑を終えた後、クロマニヨンズのリハーサル開始。


ササっとフロアに移動し、隅っこの方でこっそり鑑賞。


「….…ホンマにクロマニヨンズやん!」


この辺りからさらに緊張してきました笑。


開場時間を迎え、フロアには沢山のお客さんが。


「我々は、ザ・クロマニヨンズだーー!!」


ヒロトさんのコールと共に、先発クロマニヨンズのライブがスタートしました。


コレは観なあかん!とフロアの最後列に紛れ込む。



カ、カッコ良すぎる。。

めちゃ良いライブ。。。


と、ライブに魅入っていると、あっという間に自分達の出番が近づいていた。


やばい、やばい


さっきまでの緊張はウソのように、というか緊張を通り越して、『今日はクロマニヨンズのライブを観に来ました』みたいな感覚になってました 笑。



あかん、あかん

と、気合いを入れ直しいざ本番へ。


クロマニヨンズのライブ後も大歓声で迎えてくれた満員のお客さん。

いつものFARMER JOHNからライブは始まった。


「あれ?意外と緊張してないかも♫」


と、その後数曲演奏した後の曲間

ギターソロ前のブレイク

いつものように真鍋君をコールするはずが


「…アーーウェア、アァ、、ウウォーアァーー!!!」


全然言葉が出てこない。。笑

やっぱり緊張してました。


(バレてないかな?と周りをキョロキョロ…)


しかし、そこからはメンバー皆んなの楽しそうに演奏してる姿を見たり、笑顔なお客さん達を見たりしているうちに段々リラックス出来て、いつもみたいにライブを楽しめました。




↑冒頭に戻る↓



ライブを終えて袖にはけると、クロマニヨンズのメンバーの皆んなが「ありがとう 楽しかったよ」と口々に挨拶してくれました。


(真鍋君もその場に座り込み余韻に浸っている)


達成感が一気に押し寄せてきました。


楽屋に戻ると、真也、三浦君、スタッフ純也、美都ちゃん、元マネージャーの力、大和田さん、米野さん、などなどニートビーツに関わってきた方々や友人達が次々に「20周年おめでとう!お疲れ様!ライブ良かったよ!」と挨拶に来てくれた。


ニートビーツをやってきて良かったなぁ

と、感慨深い贅沢な時間を過ごせました。


ニートビーツ20周年の中で、間違いなくハイライトな一夜。


ホンッッッマに最高やった。そしてありがとうございました。


クロマニヨンズの皆さん、一緒にライブしてくれてホンマにありがとうございました。


そして、来てくれた沢山のお客さんにホンマに感謝。


この場を借りて、改めて皆さんに御礼を。


よし!次は30周年やな!!


※写真は記念に全員で!!!

(何かリーダーみたいですいません笑)


Mr.Lawdy


(Photo by eri shibata)

-->(※写真の転載禁止)
posted by THE NEATBEATS at 12:20| Comment(0) | 日記

2017年07月20日

ザ・クロマニヨンズ!!

9/19のライブの全貌がとうとう発表されました!


『ザ・ニートビーツ20周年記念企画 "Two-Man Special"「RHYTHM AND BEAT SHOW」』


【公演日】9/19(火)

【会場】恵比寿LIQUIDROOM

【共演】ザ・クロマニヨンズ



出会いは、ニートビーツの2ndアルバム「Mercurial」を発売した1999年。

マーシーさん、ヒロトさんが、ザ・ハイロウズとして活動していた頃の話。


真鍋君のレコード屋さんでバイトしていた僕は、一本の電話に出ました。


「はい、オールドハットレコードです」

「初めまして。ハッピーソングの大和田です」


「はい?あ〜、そういうのはうち大丈夫です」


当時、頻繁にかかってきていたサラ金の融資のセールス電話だと完全に勘違いした。



「いえ、そういう話ではなく。。苦笑。私は、ハイロウズというバンドのマネージャーをやっている大和田という者です。ウチの真島が、ニートビーツの事を気に入ってまして。イベントにお誘いしたいと。購入したCDに連絡先としてこちらが載っていたので電話しました。メンバーの方に連絡していただきスケジュールを確認できますか?」


(ウチの真島……ってあのマーシー!?)


「あ、すいません。僕…メンバーなんですけど…ちょっとよく分からないんでリーダーの真鍋君のケータイ電話に直接連絡してもらえますか!番号は…です!!」


完全にテンパって、そう言い渡し電話を切ってしまいました。


直ぐに真鍋君に電話する。


「あ、な、何かハイロウズがイベントに誘いたいらしいからって。電話番号教えといたから宜しく!!」


「え?おう分かった。」



最初のやり取りは、確かこんな感じ。


(福岡のレコード屋、ボーダーラインで我々のチラシを見つけたマーシーさんが、気に入ってくれてCDを買ってくれたって話は、皆さんご存知の通り)


真鍋君とマネージャー大和田さんがその後無事やり取りをしてくれて(笑)、ハイロウズのライブをメンバー皆んなで観に行く事になった。


ライブ当日、本番前の楽屋に通された。


「(本物のマーシーがおるーーー!!)」

「こんにちわ。真島です」


すると、ヒロトさんがフラッと楽屋へ。


「お!ニートビーツ!」

「(うわー!本物のヒロトやん!!)」


初対面はそんな感じやったはず。


(緊張する我々をよそに、真鍋君の第一声は「マーシー、これからマーシーって呼んでいい?」で、マーシーさんが「うん、いいよ」ってやり取りをしていたのを記憶しています 笑)


※その日のライブ、マーシーさんがガタガタゴーのギターソロ前に「俺のニートビーツ!!」と叫んでくれてちょっと泣いたのはココだけの秘密。


それから、ハイロウズのイベント「that summer feeling」に出演させてもらう事になり、他でも色んなイベントに一緒に出してもらったり


ニートビーツの活動は、この日からそれまでとは一変していった。



あれから20年近く経ち、ハイロウズはクロマニヨンズとなり、ニートビーツもメンバーを変え今に至る。




真鍋君に聞いたところによると、今回のオファーを二つ返事でOKしてくれたらしい。


この20周年のタイミングでなければ実現しなかったかもしれない2マンライブ。


これは、ニートビーツが20年間止まる事なくライブバンドとして活動してきたからこそ実現したと思っている。


中学生の頃、ギターを始めた僕はブルーハーツが大好きでした(中学校の音楽室で、初めてバンドでギターを弾いた曲は「青空」)。


ニートビーツが愛するマージービートという音楽を通して、マーシーさんヒロトさん達と再び巡り会った。


コレってスゴい事だと思います。


間違いなくニートビーツ史上 最重要バンド、ザ・クロマニヨンズとのライブ。


皆さん、どうぞお楽しみに!!!

(俺らが1番楽しみ 笑)


Mr.Lawdy


※写真は、知り合って当時撮った集合写真(大ちゃんが撮ってくれたので写ってません 笑)。

posted by THE NEATBEATS at 23:09| Comment(3) | 日記

2016年11月28日

新宿紅布

我々ニートビーツ、先日からSAのツアーサポートと新宿紅布での生音ワンマン2DAYSがあり、9日間で計ライブ6本!


相変わらずライブ好きやなぁ 笑。


という訳で、今週末は新宿紅布での生音ワンマン2DAYSでした。


毎年(毎季?)恒例のヤツで、大阪は塚本ハウリンバー、そして東京は新宿紅布で


PAシステムを通さず、全て楽器の出音のみを聴いてもらおうという趣旨で行われています。


我々ニートビーツが誇る1960年代のB級ヴィンテージ機材と、真鍋君のコレクションしているヴィンテージマイクを使って、、、


このB級感こそが当時のイギリスのリバプールや、ドイツのハンブルグの「マックシャウ!」な雰囲気を感じてもらえるんちゃうかと思ってやっております。


この企画が、皆さんにも楽しんでもらえているようで、毎回チケットはソールドアウトし、たくさんの方と時間を共有出来る事は凄く幸せです。



さて、そんな生音ライブ、今回はライブ演奏をそのままレコーディングしてしまおうという特別な夜でした。


しかも、レコーディング機材は真鍋君のスタジオから持ち込んだ50年代のテープレコーダー。


ステージ脇にセットされたそれを、演奏しながら嬉しそうに眺めている真鍋君を眺めて楽しむというマニアックな感じになっていました笑。


初日は、このセッティングでライブするのが初めてだった事もあり、演奏中にテープレコーダーが回ってるのが目に入ってきて、正直ちょっと緊張してたかな笑。


普段のレコーディングなら、仮に失敗してもいったん止めて録り直し出来るんやけど、それが出来へんからね。


2日目はというと、、もうそういう細かい事は気にしない事にしました笑。


当時のビートグループのように、ただひたすら「マックシャウ!」させてもらい最高に楽しかったです。


そんな2日間のライブ、真鍋君の男のロマン、皆さんの歓声とあの場の空気、そしてニートビーツの素晴らしい演奏 笑が、リールテープの中に吹き込まれました。


その音が、ご来場いただいた皆さんにプレゼントされるようですので、当日受け取られたハガキにてご応募下さいませ。

(※ここも真鍋君の小さなこだわり。Eメールとかではなく、切手を貼って郵便ポストにハガキを投函してもらうという行為が嬉しいらしい)


終演後の真鍋君、「これ、全部聴くのめちゃ大変やわ、、」とニヤニヤしながら嬉しそうに言っていましたので、ちょっとお時間いただくと思いますが、パッケージされる日をどうぞお楽しみに!


(この2日間の音源、プレゼント用とは別に選曲された物がライブアルバムとして発売されるようですので、来られなかった皆さんもどうぞお楽しみに!)


モバイル日記、たまに書くと楽しいね:-)

という事で、ほなまた!


Mr.Lawdy




posted by THE NEATBEATS at 12:08| Comment(1) | 日記

2016年11月27日

SA!SA!SA!

久しぶりの更新です。ご無沙汰です!


我々ニートビーツ、先週末からSAのツアーサポートと新宿紅布での生音ワンマン2DAYSがあり、9日間で計ライブ6本!


相変わらずライブ好きやなぁ 笑。


まずは、SAのツアーサポートへ。


去年のSA感謝祭(※下記参照)以来の再会でしたが、お互いのメンバーが口々に「全然久しぶりな感じせえへんなぁ!」と言いあうほどの阿吽の呼吸ぶり。


挨拶もそこそこに、各々が他愛もない話で盛り上がりました。


肝心のライブ、やっぱりSAはカッコ良すぎた。

今のメンバーになって15年、今改めてメジャーデビューっていうのもずっと応援しているコムレイズの皆さんがあってこそやなと。


そういうとこも含めて、カッコ良すぎる。


我々とは音の出し方も楽曲もルックスもまるで違うやり方やけど「男が憧れる」男性像みたいなのを体現していてリスペクトしかないです。


でも、お客さんと一緒に全力で楽しむ!っていうライブへの考え方とかが近いのかな?


だから、こんなにも仲良くさせてもらっているのかもしれません。



え〜、ところでSAのギターのナオキさん


私の中学生の頃からのギターヒーローです!!

というか、ただのファンです 笑。


そんな方と同じ場所で同じ時間を共有出来るなんて、「土佐くん」と名前を呼んでもらえるなんて、「お前らホンマ最高やな!」なんて言ってもらえるなんて、ニートビーツやってて良かったなぁと。


ほんま最高の4日間でした!!

来てくれた皆さんありがとうございました!!


※新宿紅布の話はまた後日。


Mr.Lawdy


posted by THE NEATBEATS at 14:11| Comment(1) | 日記

2015年11月09日

クラブチッタ川崎「SA presents BIG TOP SPECIAL-感謝爆発祭」

attachment00.jpgattachment01.jpg
SA日比谷野音、改めて お疲れ様でした!
という事で、昨夜はチッタでライブでした。
 
この日の企画としてニートビーツとは別で、私土佐和也とドラムの中村匠氏に、SAのベースのケンさんからサンクスステージのスペシャルアクトのオファーをいただいておりました。
 
名前は「MR.EDDIE&THE BOON FRIENDS」
テーマは「カントリー」
持ち時間は「20分」
 
本番まで、お互いライブの合間を縫って打ち合わせと称した飲み会と少しの練習を重ね 笑、試行錯誤。
 
出囃子的なオリジナル曲を含め、計4曲を用意しました。
 
当日演奏したのは
1.MR.EDDIEのテーマ(土佐ボーカル 土佐オリジナル)
2.MR.BASSMAN(土佐ボーカル カバー)
3.COUNTRY ROAD(モンちゃんボーカル カバー)
4.JAMBALAYA(エディボーカル カバー)
 
初ライブ!という事で、普段とは勝手も違いめちゃめちゃ緊張したけど、その分めちゃめちゃ楽しめました!
 
(※当日は、真鍋君にローディー兼マネージャーをやってもらうという豪華なショウに 笑)
 
結局、なぜケンさんがMR.EDDIEなのか?という理由には触れませんでしたが、まるでカントリーとは程遠い「MR.BASSMAN」は、その理由に因んで選曲したとだけ記しておきます。
 
肝心のニートビーツは、トップバッターで登場。
 
SAお疲れ様!と応援しに来てくれた超満員のお客さんの前で皆んなと一緒に楽しくライブさせてもらいました。
 
50回転ズ、怒髪天、そしてトリのSAまで
 
最初から最後まで、ホンマに幸せな気持ちで過ごせた1日でした!
 
 
MCでも少し触れましたが、我々ニートビーツもそのうち20周年を迎えます。
 
せっかくなので、その時には何か大きな事を出来たら良いなぁ!と思っておりますので、皆さんどうぞ宜しくお願いいたします!
 
 
以上、久しぶりのモバイル日記でした!
 
Mr.Lawdy
posted by THE NEATBEATS at 22:25| Comment(2) | 日記

2015年05月27日

7/11(土) は日比谷野外音楽堂でSAのワンマンです!

attachment00.jpg
神戸へ日帰り遠足。
 
SAのツアーに呼んでいただき、太陽と虎にてライブでした!
 
何やかんやで仲良くさせてもらってますが、冷静に考えるとあのナオキ(あえて)のバンドですよ?
 
ギターを始めたての頃に、CDを聴いてビデオを観てタブ譜を見てバンドでコピーしたあのナオキ(あえて 笑)の居るSAですよ?
 
いつも気さくに話しかけてくれるナオキさん。
 
昨夜は見慣れないSGを楽屋で爪弾いていたので
 
「あれ?珍しいですねぇ。そのギターどうしたんですか?」
 
と話しかけると
 
「いや〜!あのギブソンUSAが!これ、俺に提供してくれたのよ!何かちょっと認められた気がして嬉しいわ〜!」
 
と、少年のような無邪気な笑顔で答えてくれた。
 
 
やっぱこの人最高やな!
これまでもこの先も、ずっと俺のギターヒーローです:-)
 
7/11日比谷野音、全力で応援に行こ!
 
Mr.Lawdy
posted by THE NEATBEATS at 06:55| Comment(1) | 日記

2015年02月10日

いつもありがとう!

attachment00.jpg
我々ニートビーツの4人、今年も仲良く1つ年を重ねました。
 
何も分からずまま始めてから、かれこれ約18年。
 
人間的にも、マージービート的にも、どんどん深みや色気を増して
 
これまで以上に、皆んなに楽しんでもらえるバンドになればなと思っております!
 
これからも、ニートビーツをどうぞ宜しくお願いいたします!
 
the Neatbeats,Mr.Pan,Mr.Lawdy,Mr.Gully,Mr,Mondo were HappyBirthday on This Year!
 
I wanna say to everybody,Thank a lot,eyery time!!
 
Fab Four!!!
 
Mr.Lawdy
 
 
 
 
posted by THE NEATBEATS at 23:13| Comment(2) | 日記

2014年12月31日

2014年-グッバイサヨウナラ!

attachment00.jpgattachment01.jpgattachment02.jpgattachment03.jpg
最近こちらはすっかりご無沙汰してすいません!
 
本日12月31日、我々ニートビーツ2014年の全ライブが終わりました。
 
ニートビーツは118本。
土佐は117本。
 
ライブを欠席したのは、ニートビーツをやり出してから17年以上になりますが、初めての事でした。
 
 
早朝、前々から体調が悪く入院していたオトンの容態が急変したと、オカンから電話。
 
その日はライブ。
ほんま焦った。どうしようかと。
 
朝の4時半くらいやったかな?
真鍋君に電話した。
 
「今日はどうしても行かれへん、ごめん!」と謝った。
 
 
二つ返事で「分かった!大丈夫や。何とかするわ!」と言ってくれました。
 
大ちゃんにももんちゃんにも謝った。
「こちらは大丈夫です!ちゃんと見てきてあげて下さい!」と言ってくれました。
 
当日は、普段はヒトのライブに出たりしない、新宿紅布の猪狩さんが急遽ピンチヒッターを引き受けてくれた。
 
持つべきモノは仲間。ホンマに感謝。
 
そして、持つべきモノはお客さん。
いつも応援してくれてホンマにありがとうございます。
 
無事、最後を送り出す事が出来て良かったです。
 
 
そんなこんなありましたが、おかげで今年も良い1年になったと思っています。
 
あちらこちらに良い思い出がたくさん。
 
いつもニートビーツを好きでいてくれてありがとうございます。
 
では、来年も土佐和也共々、ニートビーツをどうぞ宜しくお願いいたします!
 
Muchas Gracias!
Merci!
Danke schÖn!
おおきに!!
 
Mr.Lawdy
posted by THE NEATBEATS at 22:33| Comment(2) | 日記

2014年12月30日

2014年

image1.jpeg

今年もありがとうございました!
(まだ大晦日ライブが残ってますが)

強烈な2014年でした。

1人の人間として、バンドマンとして
気付けた事や学んだ事が盛り沢山…
これまで以上に実り多き年だったと思います。

一言で総括すると
やっぱりバンドって良いな!
と思いました。

来年も各地・各国でお会いしましょう!
健康第一!事故の無い様に!
皆さま、よいお年を!


Mr.Mondo
posted by THE NEATBEATS at 21:40| Comment(2) | 日記

2014年10月27日

ユーロツアー (Euro tour)終了!

attachment00.jpg
今朝方ツアーを終え無事東京に帰ってきました!

スペイン、フランス、ドイツ。
13日間で12日のライブ。
内、9本のワンマンライブ。

素晴らしい経験になったのは言うまでもありません。

アメリカでも痛感したけど、日本のライブハウス環境がいかに至れり尽くせりか。

海外でのツアーは、バンド力を問われます。

最後まで一緒にやり切った真鍋君、大ちゃん、もんちゃん、丈夫な身体に生んでくれた両親に感謝です。

一緒に旅をしたシバエリちゃん、ツアーをブッキングしてくれたコンスタン、そして2週間共に過ごしたサトゥー、ほんまにありがとう!

写真は、別れ際最後に空港で撮った物。

再会を約束し、お互い次の旅に出ました!サトゥーは、再び次のツアーへ。

そして、我々は週末から九州へ!

今後とも、どうぞ宜しくです!!
Mr.Lawdy
posted by THE NEATBEATS at 17:10| Comment(2) | 日記